読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古川巧雑感その2 湘南のアーティスト高橋勉について 2016

美術家

彼とは、30年以上前知り合いになった。どこかの展覧会場でだ!

そのころ、丁度神田や銀座の現代美術と言われる画廊が隆盛だった。今思うと活躍していた現代美術家と言われていた作家は結構亡くなった方も多い!

美術手帳もよく見た。(あまり熟読はしていない・・・)オヤジの時から継続して買っていたので、家には初期から2010年頃までかなりの数がある。

どうでもいい話になったww

さて、

高橋さんとは80年半ばごろから、一緒に発表する機会も増えた。

このころはあえて、グループ展は、湘南にこだわった!我々みんな、この近所で生まれ育っていたからだ! 会場は平塚が多かったが、その周辺でも行った。やっていくうちに仲間も次第に増え、一時は十数人にもなった。みんな、20代30代だった。湘南派と呼ぶ人もいた。

そのころから高橋さんは、水を使う作品が多かった。80年代、水をテーマにした写真などもあった。今手元に資料がないので、どんなのがあったか詳細は記せない。 まあ、見つけたら後日 記すことにしよう。

f:id:taku0128901289:20161006023738j:plain

 2015年5月 銀座Oギャラリーの個展より。